午後3時の空

今週のお題「下書き供養」 気仙沼から見上げる空。左が西の方角。この下は桜の里、子どもたちの声が聞こえる、若者たちの影も動く。 みんなマスクで、みんな綺麗。

仕事を終えて、桜を見上げる

桜を見上げて、家路を急ぐ。

いよいよ気仙沼湾横断橋

明日3月6日午後3時30分に開通する三陸沿岸道路「気仙沼湾横断橋」。 東日本大震災があって、仙台から八戸までの三陸の高速道路を10年で完成させようと頑張ってきた多くの方々のおかげで、いよいよできる。 この橋、海を渡っているんです。 あの日、火の海だ…

コヤマ菓子店さんの「はまぐりもなかクッキー」

今週のお題「雛祭り」 今日の宮城ローカル、TBCテレビで紹介された気仙沼のおすすめ品は、コヤマ菓子店さんの「はまぐりもなかクッキー」。 もなか生地の中にクッキーが入っていて、サクサク、パリパリ、ポリポリ、口の中に温かい風味が広がります。 ひなま…

チョコクリームサンド 気仙沼から

今週のお題「チョコレート」 気仙沼に生まれれば、もう、この美味しさに生涯惹きつけられるクリームサンドというパン。王道はピーナッツクリームだけど、そのバリエーションはいっぱいあって、2月14日ですか、チョコですか、今日に限らず、いつもうまいです…

気仙沼湾横断橋の裏面をご覧ください

いよいよ3月6日に開通する三陸沿岸道路「気仙沼湾横断橋」の橋の裏、つまり、海から見上げる橋の面には、国際信号旗というデザインで「歓迎」と「安全」のペイントがあって、ここを行き来する船を見守っています。 写真ではうまく伝えられませんので、見に来…

「かもめ食堂」さんの「かもめラーメン」

かつて旅客船の発着所近くにあった「かもめ食堂」は、おばちゃん二人が切り盛りする大衆食堂で、ラーメンも、そばも、うどんも、どんぶり物も、定食もうまかったなあ。 その食堂が暖簾を下ろしたのはもう十数年前のことでしたが、津波ですべてが失われた街に…

気仙沼のイチゴ

港町気仙沼は、イチゴの産地でもあります。市街地から南へ15分ほどの階上(はしかみ)地区がその中心。 酸味も甘味も爽やかな、人を優しくさせる味、だと思います。例年になく厳しい寒さが続いていますので、春を恋わずにはいられません。

今朝の気仙沼湾

青と白と赤と黒。マイナス5度。

カツオ漁船の皆様、ありがとう

今週のお題「感謝したいこと」 たった今、TBSで放送されたように、毎年、初夏から晩秋までのあいだ、宮崎、高知、和歌山など各地のカツオ漁船の船員さん方が気仙沼港に水揚げすることで、この気仙沼のまちは元気になっています。 とりわけ、大震災のときも、…

湯豆腐プラスα

今週のお題「鍋」 今夜は湯豆腐に、でも、いろいろ加えることになって、鶏のあぶらが浮いてきている。 今日は暖かかったけれども、朝は零度プラプラなんだろうなあ。

小春日和でもないのに

今週のお題「急に寒いやん」 10月の下旬から朝晩がずいぶんと寒くなって、10度を下回る気温が普通になってきましたが、今日はちょっと和らぎました。 とは言え、いきなり舗装の隙間からタンポポが顔を出すとはびっくり。 幾日かの小春日和を経て、今年も冷え…

「ミナトノトウヤ」さんの田舎蕎麦

気仙沼湾に面した南町海岸にあるミナトノトウヤさんは、大振りのトンカツやエビフライなど揚げ物が主力のようですが、これは山形風の太麺のそば。そばもネギもボリュームいっぱい。 器の船は、海岸ゆえの発想かな。

「ひかど食堂」さんの気仙沼らぁめん

和風の醤油味で、2個入った「さんまつみれ」が柔らかな風味を加えています。 店名の「ひかど」は地名で、漢字では日門と書きます。日門海岸の近くです。

「VOAR LUZ」さんのお弁当

高齢者が増えていく現実を見て、気仙沼で新たなビジネスを展開するというVOAR LUZ(ボアラズ)さん。今日は、商店街の店舗の一角のシェアテナントでお弁当を販売。 写真は、サンマすり身ハンバーグのお弁当です。

「星岡義山亭」さんの鰹さしみ定食

今週のお題「ごはんのお供」 秋の気仙沼の味と言えば、まずカツオということになります。 一本釣り漁船や巻き網漁船が水揚げする気仙沼漁港は生鮮カツオの水揚げ量、金額とも23年連続で日本一です。カツオのまち高知の方々もとくとご存知のはず。ちなみに2番…

気仙沼でゴルフ(9月7日にお知らせしたパークゴルフ場が眼下に望めるかな)

今週のお題「ごはんのお供」 三陸沿岸では数少ないゴルフ場が、気仙沼の丘陵にある気仙沼カントリークラブ。太平洋の晴れや曇りを一望にできる。で、お昼は、 ごはんのお供、つまり、ご飯が常に引き連れるものとして、カレーとラーメンという、王道。

「CORVO」さんのパスタ

今日のランチパスタは、気仙沼産のトマト、サンマルツァーノのソースでいただくスパゲティ。 イタリア、トスカーナ地方の料理を、地元の魚なども使って出してくれるお店です。

気仙沼にパークゴルフ場

9月1日にオープンしたばかりの「気仙沼市パークゴルフ場」。4コース36ホールで、どのコースもトータル500メートル、パー33。 旧気仙沼向洋高校の校庭跡地を活用した、日本パークゴルフ協会公認コースです。

「いずみぱん」さんのパン

手前がレーズン&クリームチーズ入りのベーグル、奥がレーズン乗っかりシナモンロール。国産小麦を使って、手作りで。

サンマ漁船、9隻出港

今年もこの時が来た。サンマ、獲れるといいなあ。8月17日気仙沼出港、8月20日大型船サンマ漁解禁。不漁の予測をくつがえしたいと、各船の船頭(漁労長)は意気込む。北海道の東方を目指す。気をつけて。

「ブラックタイドブルーイング」さんのクラフトビール

今年、気仙沼に生まれたクラフトビール。BLACK TIDE BREWINGさん、日本語にすると黒潮醸造ですかね、が製造しています。

大漁と航海安全を祈って

大安の午前11時は、出港の時間。汽笛を鳴らして気仙沼湾を出てゆく。

「いちば寿司」さんの日替り丼

気仙沼市魚市場のとなり、産業センター「海の市」にある回転寿司やさん。 本日は、かつおたたき、しめさば、サーモン、あじ、いくら、めかぶ、わかめの味噌汁。

「網元の宿 磯村」さんのハーモニカ煮弁当

ハーモニカとは、気仙沼の人たちがよく使う表現で、メカジキの背鰭のあたりの部位のことをいいます。醤油で甘辛く煮たり、塩胡椒で焼いたりします。 骨と身とが細く交互に並んでいて、その形状もハーモニカ風ですが、食べるときには豪快に骨、身ともに頬張っ…

「福幸酒場おだづまっこ」さんの唐揚げ弁当

いつも賑やかな酒場のお弁当を美味しくいただいた。「おだづまっこ」は気仙沼の方言です。正しい発音や意味は、気仙沼で確認してください。

「内湾の麺食堂いちりん」さんのラーメン

味玉ゆず塩ラーメン。気仙沼の階上地区のワカメと岩井崎の塩を使っています。

「北かつ まぐろ屋」さんのメカジキあご唐揚げ

メカジキの「あご唐揚げ」がうまい。とりの唐揚げより柔らかく、噛まなくてもとろけてしまうほど。 テイクアウト、デリバリーの盛んな昨今、気仙沼らしいと言えば、まずはメカジキ。「北かつまぐろ屋」さんでどうぞ。 ちなみに「北かつ」とは、宮城県北部鰹…

橋がずれてる、んっ、端じゃなく、橋の真ん中がずれてる

去年の秋に紹介した三陸沿岸道の気仙沼湾横断橋は、海の上に、まだ橋にならない大きな途絶がありました。 そののち、橋桁ブロックが少しずつ東西から継ぎ足され、この5月、ついに最後の橋桁ブロックが真ん中に据え付けられようとしています。橋の真ん中を組…

トクセンジョウサン徳仙丈山で画像を検索してみて

日本一のヤマツツジの群生地、徳仙丈山は、気仙沼の西部にある。 5月下旬から2週間ぐらい、山頂一帯が真っ赤に染まる。それを目当てに日本全国からお客様が登るので、山歩きも密集度が増してしまう。 ということで、今年は入山自粛を呼びかけている。 遠くか…